本文へスキップ

明石最古のお宮 式内


ご予約・お問い合わせは林神社社務所まで

TEL.078-922-0150

由緒・祭神

鎮座地

明石市宮の上五番一号
(旧地名:明石市林字上の宮703)


御祭神

少童海神
ワタツミノカミ
彦火々出見命
ヒコホホデミノミコト
豊玉姫命
トヨタマヒメノミコト
葺不合尊
フキアエズノミコト
玉依姫命
タマヨリヒメノミコト
御崎大神
ミサキノオオカミ

由緒

ゲストルーム

往古、当地海浜の巨大な赤石の上に少童海神が顕れ給うが、人皇十三代成務天皇八年風波のため、赤石は海中に没した。
よって翌九年(西暦139年)正月、小高い丘に一社を建て少童海神を祀ったのが当社の創祀と伝えられる。
一条天皇寛弘二年(1005年)、彦火々出見命、豊玉姫命、葺不合尊、玉依姫命の四柱を合祀し上宮五社大明神と号す。
明治時代、境外末社の御崎大神を合祀。
明治十四年(1881年)県社に列せられる。
太古より海を見おろす高台から漁業の町明石の繁栄と、海上交通の難所明石海峡を行き交う舟の安全を見守り給う明石で最も歴史ある神社である。


明石の地名の起源

ゲストルーム

当社ゆかりの「赤石」から明石の地名が起こったことは広く知られるところである。
平城天皇(御在位806〜809年)当社に行幸、赤石を展覧し給う。
羽柴(豊臣)秀吉公、天正九年(1581年)参拝、舟より赤石を観覧。


雨乞い・立石の井

ゲストルーム

延喜二十二年(922年)旱魃(かんばつ)あり、勅命により雨を祈願し霊験あり。
以後雨乞社と称えられ、官民の尊崇をうける。
寛政六年(1794年)、旱魃の折、雨を祈るに神験あり。

昔、海中の大鱆(おおだこ)が岸崎の二人の后を悩ませていた。浮須三郎左衛門という人が退治すると鱆は山伏と化し、なおも追いかけ四つに切ると山伏は石に姿を変えた。立石の井筒の石はこれであると伝わる。
当社東方の谷にあり八尺四方の井戸から清水がこんこんと湧き出ずる名水であったが、近年付近の宅地化が進み往時の水質水量はない。


式内社

平安初期の国家の法制書「延喜式」の神名帳に搭載された当時の官社3132座を(延喜)式内社という。
延喜式巻第十に播磨国明石郡(こおり)・・・林神社一座(はやしのかみのやしろ)とある。


information店舗情報

林神社

〒673-0031
兵庫県明石市宮の上5番1号
TEL.078-922-0150
FAX.078-922-0159
→アクセス